藤井聡太 炎の七番勝負第7局 VS 羽生善治三冠戦

スポンサーリンク

今回は藤井聡太 炎の七番勝負 第七局 ラスボス 羽生善治三冠戦
を見ていきたい。
私はこの戦いを、初代七冠王 対 二代目七冠王候補最有力者 
の戦いとしてずっと注目していた。

戦型は淡々とノーマル角換わりに進んでいったが第1図。藤井四段が決意の仕掛けを放った。「桂の高跳び歩のえじき」ということでひと昔前にやったら怒られそうな手だが、ソフト将棋界隈では有名な手でプロの実戦例も既に何局か出ている。ソフト評価値はなんと先手プラス500といったところ。


第1図から本譜は△22銀だが△42銀なら▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲34飛△44歩▲同飛△43銀の飛車捕獲に▲同飛成△同金右▲71角△52飛車▲44銀!(第2図)が一例でここまでくれば先手必勝。

なお、△44銀は▲24歩から飛先を交換して問題なく先手良し。

ということで△22銀と引いて以下、▲24歩△同歩▲同飛△42角▲34飛△23銀▲35飛(▲32飛成も実戦例があるが無理筋)△44歩に▲71角(第3図)と進む。
ここで△83飛(愚形だがのちの▲66銀~▲77桂~▲85飛に△84歩の含みを持たせた手)と△84飛と△72飛に分岐するが・・・

、羽生三冠の選択は△72飛。▲85飛の筋があるので怖い手だ。以下、▲53桂成△同金▲同角成△同角▲85飛△82歩▲25飛(第4図)と進展した。角桂と金の交換で先手が大きな駒損だが、3歩得と後手の歩切れが先手の主張点。さて、次の▲43金をどう受けるかが後手の喫緊の課題だが。


羽生三冠の選択は△43角。攻防に利く味のよい一着だ。以下▲29飛に△33金と上がって2~3筋方面手厚くした。藤井四段も駒損ながら落ち着いて陣形を整備しながら待機して第5図。この▲35金と持ち駒を投資したのが素晴らしい一着。

以下、△75歩と歩を手にいれようと動くが▲24歩が先に入った。△12銀とへこませてから▲56銀~▲66銀と繰り出し、先手絶好調の流れとなった。羽生三冠も歩頭飛車という珍しい形から反撃して第6図。次の△87桂成が受け辛そうだがうまい手があった。


第6図から▲86歩が好手。△同飛なら▲88歩と受けて受かっている。△87歩が二歩で打てないのだ。以下も藤井四段は正確な指し手を続けていく。ソフトで解析してもほとんど悪手が見当たらない。読みの質、量ともに既にトッププロの領域にあることが客観的に示されている。そして第7図。羽生三冠、必死の反撃だが先手に決め手級の手順があった。

第7図から▲23歩成△同銀▲43銀△22玉▲31角!!!△12玉に▲24歩 
で第8図。24歩も何気ないようで大事な手。単に飛を切るのに比べて後手の銀の位置を悪くさせている。


第8図以下、△28銀不成▲23歩成△同玉▲34銀△24玉▲22角成 で第9図。
勝負あった・・・と思えるような局面だが、ここから歴史を作り続けてきた男の猛反撃が始まる。

スポンサーリンク


第9図から△69金!▲同玉△39飛▲49歩△47角!!▲79玉△69金▲88玉△36飛成 で第10図。形作りすらできなさそうな局面から、詰めろ逃れの詰めろをかけてしまった。先手が次の一手を正しく指せなければ、そのまま後手の大逆転勝ちになるところだが果たして・・・


第10図から
▲25金! が鮮やかな返し技。この手が無ければ後手の勝ちになるところだった。以下△同竜に▲47金が「詰めろ逃れの詰めろ逃れの詰めろ(ややこしいですね)」という返し技になった。以下△86飛に▲87歩で第11図。


ここで羽生三冠はしばし考えた後、静かに投了を告げた。

これで藤井聡太炎の七番勝負は

1回戦:増田康宏四段戦:〇 
2回戦:永瀬拓矢六段戦:●
3回戦:斎藤慎太郎六段:〇 
4回戦:中村太地六段:〇
5回戦:深浦康市九段:〇
6回戦:佐藤康光九段:〇
7回戦:羽生善治三冠:〇

と、藤井四段がタイトル争いができるレベルの若手プロ~元・現役のタイトルホルダーを相手に6勝1敗という圧倒的な戦績で終了した。

このまま複数冠に向けて突っ走ってしまいそうな藤井四段だが、あえて弱点を挙げるとすれば「振り飛車対策」か。2回戦の永瀬戦も永瀬六段のゴキゲン中飛車に敗北を喫していたし、師子王戦の決勝では羽生三冠の先手藤井システムに敗れている。久保王将や藤井猛九段のような振り飛車のスペシャリスト相手にどれだけ戦えるかも今後注目される。

なお、動画で棋譜並べしたものはこちらになります。
45桂跳ね定跡の部分などできるだけ細かく解説していますので、よかったら見てください。

動画で見る 羽生善治 vs 藤井聡太 炎の七番勝負第七局

 

 

 

 

 

 

藤井聡太 炎の七番勝負 第6局 VS 佐藤康光九段 

スポンサーリンク

今回は、藤井聡太炎の七番勝負第6局、藤井聡太四段 VS 佐藤康光九段 を並べていきたいと思う。
ここまでの戦歴は
1回戦:増田康宏四段戦:〇 
2回戦:永瀬拓矢六段戦:●
3回戦:斎藤慎太郎六段:〇 
4回戦:中村太地六段:〇
5回戦:深浦康市九段:〇
6回戦:佐藤康光九段:本局
7回戦:羽生善治三冠:次局

と、元タイトルホルダーや今現在タイトルを争うレベルの棋士たちを相手に4勝1敗と恐ろしい戦績を残している。逆に永瀬六段はよく勝ったな、というレベルだ

さて第1図。早速康光ワールドが始まっている。△54歩で▲65角を消し、△42飛と手損することなくダイレクトに△22飛車と回った。康光九段の構想力はトッププロの中でも群を抜いており、果たして藤井四段がどれだけついていけるのかが注目された。もしかしたら序盤で大差がついてアッサリ藤井四段が負けてしまうかもしれない…などと予想する人もちらほらといた気がする。

第2図まで進んで、それが杞憂だったことが分かった。素早い▲77桂から▲68金上。この一見筋悪な指し回しが、恐ろしい構想を秘めていたのだ。この時点で康光九段は既に気づいていたかもしれない。後手の全く隙のなさそうな構えが、あっさりと粉砕されてしまう未来に。


第2図から先手の指し手だけを示すと▲86歩~▲87銀~▲96銀!!!
~▲66歩~▲67金直!!! ・・・康光九段のお株を奪うような凄まじい盛り上がりを見せた。ひょっとしたら、苦笑いしていたかもしれない。そして極め付けが第3図。△64銀に対する次の一手だ。


ここから▲89飛!!!が思い切った一手。△25歩にはどうするのだろう・・と思ってソフト調べると、かまわず▲85歩△同桂▲同桂△26歩、と2筋を破らせて▲93桂成△同香▲85歩△同歩▲同銀△84歩▲94歩、と攻めあって先手がやや良しとのことだった。ただし、後手としてはこの順を選ぶべきだったようだ。実戦は△62角!(強くないとさせない手)と受けたが、▲45桂が好手で差が開いた。
以下、第4図と進んだがここで好手順があった。ヒントは先程書いた手順だ。


第4図から▲93桂成△同香▲85歩△同歩▲同銀△84歩▲94歩と流れるような攻めが決まった。先ほどの順に比べて2筋が食い破られていない分、更に先手が良い。以下、藤井四段の正確な指し回しの前にさすがの康光九段もなすがままに第5図。ここでまた素晴らしい手があった。


第5図で▲95桂!が初級向け次の一手にそのまま出てきそうな好手。以下△同銀▲85飛の局面で銀取りが受け辛い。実戦は仕方なく△84銀と引いたものの、
待ってましたとばかり▲93銀!!のフィニッシュブローが飛んできた。
そして第6図。次の手が決め手になった。


第6図から▲94香!!△82玉は▲63角成なので△同玉と取ったが、▲95金!!(同玉は▲83飛成)△93玉▲84飛△同歩▲94角成まで藤井聡太四段の勝ちとなった。以下は△82玉に▲83銀と打って、△73玉なら▲72銀成、△81玉なら▲72銀成△91玉▲92歩~▲93歩~▲83桂で詰み。

ちなみに、第6図の△83歩で△83銀なら▲94香△同銀▲92金△同玉▲84飛が面白い手順で、銀取りが受け辛く先手勝ち。△83金なら▲94飛△同金▲83銀。

スポンサーリンク

序~中盤は相手のお株を奪うような独創的で圧倒的な構想力を見せつけたかと思えば、終盤は詰将棋選手権3連覇の力をまざまざと見せつけて、一時代を築いた元タイトルホルダーに何もさせずに押し切ってしまった。

今年中にタイトルを獲るだろう、と予言していたが
今年中に複数冠を獲るだろう、と言った方が良かったかもしれない。
それ位恐ろしい内容だった。

 


将棋世界 2017年5月号

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

次の一手・詰将棋コーナー総合ページ

 

藤井聡太 VS 星野良生 デビュー12連勝なるか

スポンサーリンク

藤井聡太四段のデビュー12連勝がかかった本局
相手は ゴキゲン中飛車 対策の 「超速」 の創始者、星野良生(よしたか)四段だ。当然局面はゴキ中VS超速へ・・・とはならなかった(笑)
第1図。角換わり模様の出だしから後手の星野四段が角交換を拒否し、飛先の歩をあっさりと交換させて△33銀と出た。かなり衝撃的な出だしだが、ソフトの評価値はほぼ互角。これで互角なら今度私もぜひ使ってみたい。


局面は相矢倉模様に進んでいった。後手は飛先の歩を切られたことを逆用して
△24銀~△33桂と積極的に構える。これが非常に厄介な構えだ。


第2図から▲68銀右と引いたのが凄い手。25桂には48角46角18飛で次の▲26歩を見せれば大丈夫、△35歩も▲47金でぎりぎり受かるとは言え度胸満点の手だ。
しかし以下、第3図と進展しては後手優勢。直前の▲59角が強気すぎた。代えて▲57金!と寄って▲48飛の含みを残して受けるべきだった。


第3図以下、▲55歩と手筋で受けるが4筋を取り込んで△44銀が味良い活用。
以下▲75歩と角頭を攻めて第4図だが、ここで後手が更に優勢になる踏み込みがあった。


それが△55銀。▲74歩△64角に▲65歩なら△75角がある。実戦は▲75歩に△同歩と取ってしまったため、▲74歩と打たれて形勢が互角に戻った。以下第5図の△24銀まで進展したところで先手に絶好手があった。


第5図から▲42歩!が好手。とれば▲34桂の筋が生じる。その桂は81に落ちている。実戦も△同金以下、▲73歩成△同桂▲74歩と強気に桂を入手し、第6図まで勝勢を築いた。

以下も緩みなく攻め、第7図の▲23金が決め手。後手は飛先がどうにもならない。


以下、第8図。星野四段が△54角と攻防風に打ったところだが、ここは先手に簡単な勝ち筋がある。


第8図から▲52金△32玉▲23銀△21玉▲22歩△同角▲26飛まで、藤井四段の勝ちとなった。
藤井四段の強さはもはやタイトルホルダー並みだと思う。
獲得する最初のタイトルが何になるのか、今から楽しみだ。

棋譜並べ動画はこちら

スポンサーリンク


将棋世界 2017年5月号

 

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

 

将棋 ブログランキングへ

次の一手・詰将棋コーナー総合ページ

 

藤井聡太 炎の七番勝負 第1局 VS増田康宏四段

スポンサーリンク

藤井四段の先手で角換わり48金、62金型に進んだ。最近非常に流行している形だ。増田四段は現在19歳にして早くも竜王戦は5組に昇級している有望株で、若手のホープ対決といった形になった。
ソフトは第1図で△42玉!と戻る手を推奨しているが人間にはとても指し辛い手だ。恐らくやる人は居ないだろう・・・と思っていたら、羽生三冠が42玉ー52玉と比較的早い段階で手待ち戦術をやっていて笑った。しかも糸谷八段相手に一方的に勝ち切っていた。この人の凄さは本当に時代を超えている。
この戦型は、どうも42玉型(68玉型)で一旦待機して相手の出方を見るのがいいのかもしれない。


実戦は△52金~△42金右と金を引き付けて玉を固める作戦に出た。とても実戦的で有力な指し方だ。しかし本局に限っては疑問だったようだ。
以下、第2図▲19飛まで自然に組みあがってみると先手が+300程度でリードしている。端攻めが厳しすぎるのだった。


第2図から後手が△31玉と辛抱し、▲88玉と上がったがこのまま進むと後手ジリ貧になる。そこで△75歩~△65歩と無理気味に動いていったがこれは先手の待ち受けるところだった。とは言え第3図。▲73歩成には△86香▲87歩△同香成▲同金△77香成▲同桂△79角!という猛攻がある。どう凌ぐのかな?と思ってみていたら、凄い手順でしのぎ切ってしまった。


第3図から堂々と▲73歩成!当然の△86香に凄い手があった。


第4図から▲97玉!!!が決め手。私には全く見えなかった。
こんな手が当たり前に指せるのが天才と呼ばれる所以か。
以下、△84飛に▲85歩△77香成▲86玉(第5図)で
完全に受けきり。


その後、増田四段も指し手を続けるが、
第6図から詰将棋選手権3連覇の力を見せつける
19手詰があった。正解は一番下へ。


将棋世界 2017年5月号

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

スポンサーリンク

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

【1日1回のランキング投票です。押して頂けると大変うれしいです!】

将棋 ブログランキングへ

次の一手・詰将棋コーナー総合ページ

正解・・▲12香△同金▲13銀!△同桂▲同角成△同玉▲11飛△12桂▲14飛!△同玉▲12飛成△13歩▲26桂△15玉▲13竜△26玉▲17金 まで。

中盤以降はまさに規格外といった強さだった。
断言しておこう。
藤井四段は今年度中にタイトル獲ります!と。

動画での解説は こちら
※13日17時半の公開です。

 

 

第65期王座戦二次予選 名局 菅井竜也七段 VS 久保利明王将

スポンサーリンク

久保王将の2手目32飛戦法という驚きのスタートとなった本局だが、
菅井7段は3手目に96歩と突いた。用意の作戦だろう。以下久保王将が端を受けなかったため第1図と進展して既に先手の作戦勝ち模様だ。


ここから△51銀~71銀~92香のように穴熊に組むかと思いきや、
久保王将の勝負手は8筋だった。51角~84角~73桂が間に合えば理想形だ。それは許さじと菅井がここで動く。


第2図から▲86歩と気合十分の突き返し。しかし、ここは▲68銀が勝った。相手にせず79銀99玉88銀と穴熊にして▲68角の形を作れば十分だった。
以下、第3図と進展した。先手の駒組みはきわめて危険な恰好で咎めてみたくなる。


第3図で△85桂!と久保が襲い掛かる。しかしこれは菅井も読み筋。同桂から端を食い破り、形勢はわずかに先手良し。微差のリードを保ったまま第4図。ここで久保が「捌きのアーティスト」らしいサバキを見せる。


ここで△85歩▲同銀△35飛がアーティスティックなサバキ。▲86歩△25飛▲28歩に△15歩と襲い掛かって差が詰まった。以下一進一退の攻防が続いて第5図。ここで次の手が好手だった。


ここで菅井はフワっと▲35角。次の▲44歩を見せた厳しい手だ。遊び駒を使う手はだいたい好手になりやすい。この手で差が開いた。以下△17歩成だが、▲同飛が幸便。飛を持てば▲81飛が強烈だ。以下、久保も粘って第6図。ここで決め手級の手があった。


それが▲67桂!次の75桂が厳しいので△72玉だが▲75桂打!が急所。以下菅井が勢いよくせめて押し切った。タイトルホルダー相手に強い勝ち方だった。

解説動画は こちら 
(12日の17時半に公開されます)

スポンサーリンク

 


将棋世界 2017年5月号

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

 

 

オール棋神戦 第3局 

スポンサーリンク

オール棋神戦(相手がすべての指し手を将棋ウォーズの棋神で指す、実力はプロレベルか)の第3局を振り返ってみたい。横歩取りになったので青野流をぶつけてみた。結果はともかく、最後まで精いっぱいさせた将棋だったと思う。
まずは第1図。早すぎる感じの桂跳ねがいかにも青野流っぽい。


以下、後手は横歩を取って難解な戦いの末に第2図となった。△36歩は▲45桂の反撃があるので人間なら少し考えるところだが、貫禄のノータイムだった(笑)
ここで若干リードを許してしまったようだ。


以下、▲45桂馬に△44角と「柔らかい好手」が飛んできて参ったが、とって53桂成~43角とめげずにせめて第3図。ここで勝負手がある。


ここで▲33歩が勝負手。同桂は▲24歩がある。実戦は△同飛▲21角成とすすみ、次の22馬を見て面白くなったと思ったが△54桂!が厳しく実際は後手ややリードだ。以下第4図と進んで、ここでシンプルかつ厳しい手があった。


ここで△37銀が厳しかった。対して▲22馬は△48銀成~△37歩成~△28歩~△39角の筋など色々あって指しきれなかった。実戦は▲24歩と無謀な攻め合いをしてしまったが、ここでは▲59銀と粘る手が最善だった。それで若干悪いながらもまだまだ戦えた。以下、第5図と進んだ。ここではまだ決定的に悪いとは思っていなかったが、すごい手順があった。

ここで△47角!が鬼手。次に△48金~△37歩成が厳しい。対しては▲65馬が最善で、△34金▲47馬△同金▲69玉△56歩▲同歩△57歩の展開は苦しいながらもまだ粘れたか。実戦は▲58桂に△38金が落ち着いた手で、▲23歩成△48金!
が厳しかった。

スポンサーリンク


以下、なんだかんだと必死に左に逃げて第6図。▲79銀と飛を取って次の▲43とが楽しみなのでまだいけるか?と色めきたったが、△71玉が好手。▲31飛△51歩で悪夢のように固い。以下▲41金と駒を渡さず、21の馬の利きを遮らないように攻めた(第7図)が、すごい決め手があった。


ここで△65桂!が凄い手。全く見えなかった。以下▲同馬△同桂▲同桂に△77金ではじくための金駒がなく、筋に入ってしまった…。

という訳で、中~終盤は力の差を見せつけられて完敗という感じだった。ただ、もう少し時間があれば・・・と思ったのも事実。次は10分切れ負けで挑戦させていただきたいと思う。お金のかかる棋神を私のために使用して対局していただき、本当にありがとうございました。ゆうちょProject(ツイッター名)様に心から感謝。

対局の実況動画はこちら

 

 

将棋ウォーズにてオール棋神(八段相当)の方と対戦!

スポンサーリンク

前の記事:藤井聡太 VS 深浦康市 は コチラ

ツイッターにて「僕が全部棋神で指すので、アユムさんと戦わせて下さい」というありがたい提案をいただいて実現したこの企画。因みに棋神代はすべて相手の方の自腹という。「負けるのは仕方ないが、何とか金額分はご満足いただけるような指し回しをせねば・・」と身の引きしまる思いだった。
将棋は私の先手でスタートした。76歩に2手目△32金だったので、振り飛車にしてみようと思い第1図になった。立石流だ。


第1図から△42金左!とわざわざ手損で船囲いに戻す後手。「これはいけそうだ」と思った。しかし数手進んで第2図。飛のブッツケを狙ったところで好手を食らった。


第2図から△35角!が全く見えていなかった手。▲68金には△44角がある。▲48金も△44角と戻られて、単に△44角と打たれるより損な恰好だ。実戦は▲68角と打って辛抱したがまだ▲48金だったか…ここから後手ペースになった。
以下どうにか飛交換に持ち込んで桂・香を拾ったところで端攻めを受け、読み進めてみるとそれが思いのほか厳しいことに気づいた。そして第3図で好手があった。


ここから△同香成が好手。同玉に△17歩とたたかれ、とれば△11飛なんていう洒落た手がありそうだ。そこで▲28玉と寄ったが平凡に△18飛~△28歩で不利に陥ってしまった。後手+1000といったところ。そして第4図。一見投了図にも見えるがここからある狙いがあった。


第4図から▲57玉!がCOMには一番有力な勝負手。以下△38と▲66玉と楽園目指して一直線だ。そして第5図へ。ここで少し恐れていた手があった。


上図から△74銀が怖かった。▲同歩△同歩▲66銀打なら△73桂がきつい。人間だったら△74銀を真っ先に考えるかもしれない。実戦はこれを逃してくれたので入玉することができた。そして第6図。


△72桂は今のソフトの限界を感じさせる手。全く無意味な捨て駒だ。

スポンサーリンク


そして、第7図で「入玉将棋で無駄にお金のかかる棋神を使わせるのは申し訳ない」と思って私が投了した。この行為には賛否両論あると思うが、私は正しいことをしたつもりです。次は入玉などではなく、スッキリ指してスッキリ勝ちたいと思う。

対局動画はこちら


将棋世界 2017年5月号

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

 

藤井聡太 炎の七番勝負 第5局目 VS 深浦康市 九段戦

スポンサーリンク

ここまで藤井四段の戦績は
〇増田四段
●永瀬六段
〇斎藤慎七段
〇中村太六段
かなりの実力者相手に、鍛えの入った指し回しで3勝1敗。既にルーキーのイメージはない。私は今年中に藤井四段が何かタイトルを奪取すると思っている。
さて、注目の深浦戦は第1図。先手深浦九段の森下システムとなった。最近では左美濃や急戦など後手のバリエーションが広がってきたせいかなかなか普通の矢倉をお目にかからない気がする。深浦九段の経験値が最大限生きそうな戦型だ。


第1図からお互いに囲い合い、第2図のように進展した。現役A級の強豪深浦九段の攻めを、藤井四段が堂々と受けて立つ展開だ。


▲55歩が手筋で、単に▲45歩は△同歩▲同桂に△44角がある。ここでソフトによると△64歩!が最善で後手+200程度だが、人間ならまあ△同歩から考えるところ。実戦も同歩だった。以下▲45歩に△73銀!と超強気の攻め合いだ。この辺りの思い切りの良さも藤井四段の持ち味。勿論、深い読みの裏付けがあるのは言うまでもない。以下、深浦九段の激しい攻めを藤井四段がカウンター含みでいなすような展開になって第3図。▲36飛に対して好手があった。


第3図で△33歩が渋い好手。▲33歩のたたきをなくし、わずかに(+200程度)後手が優位に立った。先手は33歩を消されて45の桂が不安定なのが痛い。
以下、第4図へと進展したが、▲75歩に対して力強い好手がある。


第4図から△54金!が力強い。桂取りが受からない。やむを得ず▲33桂成と特攻していったがこれは後手の望むところ。リードは+500程度に変わった。
以下、先手も懸命に食らいついて第5図。ここで決め手級の手があった。


第5図で△42桂と打てばほぼ決まっていた。▲52歩が気になるが、△38飛▲42銀成に△33玉で後手優勢。成銀が重く残ってしまう。
実戦はこれを逃し金をボロっと取られ、難解な形勢に。深浦九段の気迫に圧されたか。それでもそこから冷静なのが藤井四段の一味違うところ。微差のリードを保ち、迎えた第6図で実戦的な好手順を指す。


第6図から△56桂▲57角△93香が好手順。一発、桂を利かすことで先手陣は大幅に薄くなった。深浦九段も▲23歩△13玉をきかせて▲95桂を粘る。そこで△94歩が緩手になってしまった。ここでは△58飛成が柔らかい好手だった。第7図では深浦九段にビッグチャンスが訪れていた。

スポンサーリンク


第7図で▲83桂成!△同飛▲36金が勝負手で、歩切れの上に飛車の利きがなくなった後手陣は弱い。実戦は単に▲36金だった。形勢は後手に傾いた。
以下、第8図へと進展した。▲25角に対して次の一手(詰将棋)を当ててほしい。

正解・・・
△66金が鮮やかな一手。以下▲同角△78竜▲同玉△68桂右成となれば即詰み。

実戦は△66金を見て深浦九段の頭が下がった。これで4勝1敗。ここまでくると、もう五~八段には一生ならないような気がする。(先にタイトル3期を獲得して九段になってしまうため)

動画での棋譜並べは こちら

 

第67回NHK杯 中村修九段 VS 佐々木勇気五段

スポンサーリンク

中村九段の先手で、▲76歩△34歩▲58金右!!!といきなりすごい出だし。準備の深さを伺わせる3手目だ。対して佐々木五段は△35歩と伸ばし、早石田の構え。以下第1図と進展。佐々木五段はなんと石田流と穴熊を両立しようとしている。無理気味の構想だが、通してしまえば後手有利。ここで中村九段、動く。

第1図から▲46銀!(第2図)が凄い手


以下△45歩▲57銀で何をやっているかわからないようだが、以下△71金に▲46歩と、手損をして位を取らせてその位を攻める、という高等戦術なのだった。
以下、ソフト検討でも互角という手順が続いたが、続く第3図で均衡が破れた。
第3図は佐々木五段が13の角を22に引いて王手したところ。角筋が止め辛く厳しい手に見えたが、結果的にこれが疑問手となってしまった。中村九段の受けが素晴らしすぎたのだ。

ここから、▲98玉! と凄まじい受けが出る。以下△88銀で早くも詰めろがかかったが、▲55歩!でしっかり受け止める。続いて△99銀成~△42香(第4図)と攻防に香を据えられて困ったようだがそこは「受ける青春」。素晴らしい受けを用意していた。


第4図で▲56銀打!が手厚い受け。△44歩は▲35銀で困るし、次の▲45銀を受ける適当な手段もない。ここではっきりと先手が優勢(+1000程度)になった。
以下、中村九段が快調にリードを広げていくがそこは昨年度勝率No1を争っていた佐々木。第5図で妖しい受けを見せて混戦に持ち込む。


第5図では桂、香が急所に利いていて受けが無いようだが△85飛!が好手。一気に差が縮まった(先手+500程度)
以下、後手が猛烈に追い込んで逆転寸前までいった第6図。▲72歩の垂らしが疑問で(正着は▲41飛)後手にチャンスが訪れていた。

スポンサーリンク


正解は・・・
△41飛!と打つ手があった。▲15歩と突く位しかないが、△22角と活用して後手もかなりやれる形だ。実戦は△82銀と打ったため▲41飛△42飛に香を取らずに▲61飛成!が好手ではっきり先手優勢になった。以下、中村九段が完璧な指し回しで押し切って若手のホープに快勝。ベテランが底力を見せつける恰好となった。

動画での棋譜並べはこちら

高速棋譜並べ(2分半):こちら
通常棋譜並べ(12分半):こちら

※通常棋譜並べは4月9日18時半に公開されます。

 

2017年 名人戦第一局 佐藤天彦名人 VS 稲葉陽八段

スポンサーリンク

第75期名人戦は振り駒の結果、先手が佐藤名人、後手が稲葉挑戦者でスタートした。局面は下図(第0図)の横歩取り最新形へと進む。ここで▲33角成△同桂▲24歩△34銀▲23角は無理攻めとされているが、高性能PCでソフト検討させたところかなり有力とのことだった。

以下の進行例は△同金▲同歩成△25歩▲36飛△35歩▲33と△36歩▲34と△84飛▲38銀・・・という感じ。後手が大駒4枚を独占する面白い将棋になる。
実戦は上図から▲15歩。端攻めを含みにした手で非常に有力な形だ。以下後手は△24歩と受け、先手は玉を固め、狙いの端桂を跳ねて第1図の恰好になった。ここで先手に攻めを繋ぐ好手順があった。


第1図の△25歩の局面でソフト評価値は先手+150。ここで佐藤名人は▲36飛としたが、ここでは▲同桂!があった。角交換から△24歩で桂がタダ死にのようだが以下▲75歩!△25歩▲86飛△85歩(飛交換は陣形の差で先手良し)▲36飛が次の▲24歩と▲74歩を狙って厳しい。以下△24桂に▲35飛と浮いて△44角なら▲32飛成~▲74歩で先手良しがソフトの見解。実戦は▲36飛以下
△35歩!▲同飛△26歩! 
が妙手順で一遍に後手優勢となった。稲葉八段は常に深い読みの裏づけを基に思い切りよく踏み込む棋風で、こういう手は絶対に逃さない印象がある。
対して▲28歩でははっきり苦しい(と言っても評価値はー300程度でまだまだ粘れる局面だった)ので、第2図の▲25飛と指したがここで決め手があった。


第2図から△85桂!が決め手。これで名人を争うレベルの者同士の戦いとしては将棋が終わってしまった。▲33角成は△同桂▲26飛△44角がある。本譜は▲66角と苦し受けだが、△同角▲同歩に△34角が決まった。そこから数手進んで第3図。▲同とに対して恰好いい決め手があった。


第3図で△55桂!が決め手。▲同歩なら△67角成~△89角▲57玉に空いたスペースに△56金で詰む。実戦は△55桂を見て佐藤名人の投了となった。

本局は稲葉挑戦者のいいところばかりが出た将棋となった。ハマった時の稲葉八段には誰も勝てないと思う。次局以降、名人も巻き返してくると思うので引き続き熱戦を期待したい。

スポンサーリンク

【解説動画:ロングバージョン:14分40分】
 こちら
【解説動画(競馬実況風)ショートバージョン:3分35秒】
 こちら