後手ゴキ中対超速、銀対抗しない形。44角型と22角型 その①22角型の進行

スポンサーリンク

さて、前回記事では超速の銀対抗の形は居飛車がいいらしく消え始めていることを述べた。 前回記事は こちら
サラっと書いたがソフトが進歩する前だったらあと30年は指せたであろう形で、本当に恐ろしいことが起こっているなあと思う。
今回は超速の銀対抗しない形について調べていきたい。プロ間でも主流はこちらに移っているようだ。

初手からの指し手

▲76歩△34歩▲26歩△54歩▲25歩△52飛▲48銀△55歩▲68玉△33角
▲36歩△42銀▲37銀△62玉▲46銀△72玉▲78玉△82玉▲68銀△72銀
▲45銀(▲77銀から一歩交換させる指し方も有力か)△32金▲34銀(第1図)


第1図からの後手の指し手は2通りで、I、△44角とⅡ、△22角。
因みに藤井ー永瀬戦が22角で、藤井ー斎藤戦が44角だった。

参考棋譜

藤井聡太ー永瀬拓矢 藤井聡太炎の七番勝負第2局
藤井聡太ー斎藤慎太郎 藤井聡太炎の七番勝負第3局

Ⅱの△22角以下は
▲24歩△同歩▲同飛△54飛(第2図)が一般的。

スポンサーリンク


プロの実戦例はここから▲35歩△33歩▲23銀成△24飛▲同成銀△27飛▲25飛△同飛成▲同成銀△27飛▲26飛△47飛成▲59金左(第3図)
因みに▲35歩では▲28歩! ソフトの推奨手でそちらの実戦例もあったような気がする。意味は予め△28飛の打ち込みを消すというシンプルなもの。後手は△31銀と受ける手がほぼ必然で、以下一例は▲77銀△56歩▲同歩△27歩!▲35歩。評価値はやや居飛車良し。


さて第3図。ここからは△56歩がほぼ絶対手のようで、▲同歩に△45竜と竜を活用する。以下▲55歩と進んだのが藤井ー永瀬戦の進行。因みに▲55歩ではソフトは▲37桂!△65竜▲77桂!(第4図)という進行を推奨している。

ここから△74竜では▲24成銀で問題なく先手優勢になってしまうので
△76竜の一手。そこで▲24成銀と突っ込む。以下は進行の一例としては△75竜に▲25飛と際どく受け、後手は△34歩!と華麗にさばきにかかる。以下▲23成銀△77角成▲同角△31金▲89玉(第5図)


最後の▲89玉が凄い手で、△85桂を防ぎつつ69金~78金の余地も見せている。ここまでくるとやや先手良しか。

△22角型の進行は大体こんな感じになる。ソフトやVS相手との実戦でたくさん指して経験値を高めてまたブログや実況動画などで披露していきたい。
超速に限ったことではないがelmo同士で対戦させるなどして徹底的に突き詰めていったら、割とあっさり結論が出てしまいそうで怖い(というかもう出てるかも)・・・そんなこんなで、次回は△44角型を調べていきたい。

次回記事:△44角型は こちら 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA