後手ゴキゲン中飛車が消える?その1

スポンサーリンク

後手ゴキゲン中飛車が消える?その2の記事は こちらです

最近、玉形を68玉で留めて攻撃の形を作り、場合によってはそのまま攻めつぶしてしまうタイプの「超速68玉型」が猛威を振るっている。

初手からの指し手

▲76歩△34歩▲26歩△54歩▲25歩△52飛▲48銀△55歩▲68玉△33角▲36歩△53銀▲46銀△44銀▲78銀(第1図)

この▲78銀が新しい指し方で、美濃囲いにするわけではなく、このまま▲66銀型を作って場合によってはそのまま攻め潰そうという指し方。
以下、△62玉▲77銀(第2図)と進んだところが早くも後手の分岐点。


第2図から A、△72玉と B、△72銀に分岐する。
Aは穏やかに王様を囲う順、Bは▲66銀型超速を咎めようという指し方。
結論から言うとAが本筋だが、Bに対する指し方をまず見ていく。
△72銀以下、▲66銀△64歩 と、△65歩▲同銀△63銀の銀ハサミの筋を狙って動くがそこで▲24歩(第3図)が大事な一手。


以下、△同歩▲37桂で攻撃準備完了。対して△71玉の局面はelmoや浮かむ瀬によれば評価値先手プラス200超え。いったん駒組みを進めてから機を見て▲45桂で先手やや良し。
という訳で、後手が良さを求めるなら▲37桂に△65歩と突くしか無いが…
▲同銀△63銀に▲25歩(第4図)が一手早く決まる。


第4図以下は△同歩しかないが、▲同桂△22飛に▲38金!(第5図)がうまい手。


角を逃げれば▲55銀なので△64歩と打つくらいしかないが、▲33桂成△28飛成▲同金△33銀に▲82角(第6図)で、


以下七段の人に△92飛▲91角成△同飛▲22歩と進んで勝った実戦がある。実戦の動画は こちら です。

ちなみに▲82角には△65歩▲91角成△48飛▲58飛△49飛成もあるが、▲81馬と桂馬を取っておいてやはり先手が良さそう。勝ち切るまでは大変だとは思うが、ゴキ中側も悪くなると知っていてこの変化を指すのは辛いだろう。

次回は第2図から A、△72玉で穏やかに囲っている順を調べていきたい。結露からいうと、これも評価値的には居飛車やや良し。

次回、後手ゴキゲン中飛車が消える?その2の記事は こちらです

スポンサーリンク

 

初心者が最短で初段まで行くための方法はこちら

個人的オススメ定跡本・手筋・詰将棋本

将棋ウォーズ対局実況(youtube)

↑↑丁寧解説付なので級位者の方も安心です。

【1日1回のランキング投票です。押して頂けると大変うれしいです!】

将棋 ブログランキングへ

次の一手・詰将棋コーナー総合ページ

 

 

“後手ゴキゲン中飛車が消える?その1” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA