藤井聡太七段の増田康宏六段戦における「待った」疑惑について 

スポンサーリンク

この件についてはyoutubeにて動画でもUPしたが、上手く喋れなかった部分やあらぬ誤解を生んでしまった部分、批判された部分も一部あったので文字にて補足していきたい。

既にこれだけ騒ぎが大きくなってしまっている上に、映像がばっちり残っていて
「少なくともマナー違反、厳密に言えば待ったの反則だろう」という認識が多数を占めている現状を考えると「おとがめなし」というのは難しいだろうと思う。そもそもマナー違反をしなければ勝てないようなレベルの棋士では無いので、一旦反省して頂き、こういった件がこれで最後になればいいなと思う。
 今回の件に対して心情的には「見逃してあげても…」と思ってしまう部分はある。しかし、プロはアマのお手本にならなければいけないので、これからトップ棋士として棋界を何十年も背負っていくであろう藤井七段にはやはりマナーも美しくあって欲しいと思う。
 既に実力はトップクラスとは言えまだ15歳の少年。本局においては咄嗟の場面において若さが悪い方向に出てしまったというところか。

   処分の内容についてだが、重くても「当該対局おける対局料の没収」程度で済むと思う。というか済ませて欲しい…。
銀河戦における加藤一二三九段vs阿部隆七段(当時)の戦いにおいて加藤一二三九段が
プロ史上初めて「待った」の反則をした(桂を不成で盤上においたが、その後何度かカラ打ち後にチョンチョンとやって、結局10秒後くらいにひっくり返して成にして盤上に置いた。視聴者からのクレームで後日調査された結果「待った」が認定された)ことがあった。その時は

①当該対局の対局料の没収
②次期銀河戦の出場停止処分

という極めて重い処分内容となった。
今回は10秒程滞空時間があって「成か不成か選択していた」加藤九段の場合と違い、全ての動作が0.5秒程度で完結しており「盤上に打つべき駒を間違えたことに気付き咄嗟に取り替えた」
というのが実際のところだと思う。なので、前例に比べて悪質性は低いと個人的には考えている。仮に待ったが認定されたとして「次期竜王戦出場停止」まではいかないはずだ。間違いなく連盟から藤井七段に対して厳重注意は行われる筈だが、その先の処分がどこまで行くか。それも注目ポイントだ。

スポンサーリンク

万一問題行動後に藤井七段が大逆転で勝利していたりしたら、恐らくyahooニュースのトップになるレベルでこの問題が騒がれていたかも知れない。今後そうした事態が起こらないことを一ファンとして祈るばかりだ。藤井七段は修正能力が非常に高いので、恐らくもう大丈夫だろうと信じている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA