2017年5月現在、プロ間で流行している戦型と廃れた戦法

スポンサーリンク

2017年5月現在、プロ間で流行している戦法

・角換わり48金、29飛型と62金、81飛型の対抗形。
NHK杯の千田ー藤井戦でもあったが、後手が△44歩を突かないと▲45銀と仕掛けて若干先手良しか。
参考棋譜並べ
第67回NHK杯トーナメント 千田ー藤井戦

また、角換わり48金ー29飛型(62金ー81飛型)に対して後手が△52金(先手なら▲58金)と上がる形はソフトの評価値によれば48金(62金)と上がった側が少し良くなるので消え始めているようだ。
参考棋譜並べ
藤井聡太ー増田康宏 藤井聡太炎の七番勝負第1局

因みに、2016年の終わり頃からずっと話題になっていたこの上図▲25歩△33銀にいきなり▲45桂!と跳ねる手法は
藤井聡太ー羽生善治三冠(藤井聡太炎の七番勝負最終局)

で、先手良しがはっきりと証明されてしまった(元々ソフトはずっと先手+500位を示していた)。藤井四段があの羽生三冠にあの大舞台で▲45桂定跡で完勝してしまったことはアマプロ問わず強烈な印象として残っただろう。もう上図がプロの実戦で現れることは無いのかもしれない。

・矢倉、急戦左美濃
5手目▲66歩を絶滅させてしまうかも知れない恐ろしい戦法。
ソフトの評価値では後手が良くなる変化が殆ど。

参考棋譜並べ
金井ー藤井戦 竜王戦6組

そこで最近では5手目▲77銀と上がる形が復活してきている。ただ、元々これは後手の急戦に対応し辛いと言われて切り捨てられた形。後手の作戦にどこまで対応できるのか、今後が注目される。

・先手超速 VS 後手ゴキゲン中飛車

これはゴキ中側に、I、銀対抗と Ⅱ、銀対抗せずに早めに美濃に囲う
という2パターンがあり、Iの銀対抗はちょっとゴキゲン中飛車側が苦しそう、Ⅱの早めに囲うパターンはいい勝負という感じになっている。
参考棋譜並べ、I、銀対抗、後手穴熊に対して先手が速攻した棋譜
三段リーグ 藤井聡太ー西山朋佳

定跡講座(動画)
銀対抗、後手早めに△64歩で銀を追い返そうとするパターン
銀対抗、後手普通に美濃囲いに囲うパターン

参考棋譜並べ、Ⅱ、銀対抗せずに早めに美濃に囲う
藤井聡太ー永瀬拓矢 藤井聡太炎の七番勝負第2局
藤井聡太ー斎藤慎太郎 藤井聡太炎の七番勝負第3局

スポンサーリンク

・先手早石田
根強い人気。久保王将が筆頭となって盛り上げている印象。
どんどん棋譜並べもやっていきたい。

定跡講座(動画)
先手早石田徹底対策(5部作)
・端桂戦法対策
・石田流77角対策
・4手目14歩の世界
・石田流本組対策
・超急戦▲78飛ー△45角 の進展

・先手中飛車
こちらも根強い人気。対郷田流△52金右はソフトの評価値で見る限り若干先手良しのようだ。そこで・・・

・先手中飛車、後手超速
後手超速は斎藤慎太郎七段や糸谷八段の見解では当初「無理気味」とされていたがその後ソフトを用いた研究が進み、現在は「後手かなりやれる」という感じになっている。

参考棋譜並べ:西川和宏ー藤井聡太

とまあ、色々な参考棋譜を紹介していったが殆どが藤井聡太四段絡みになってしまったことに関してはとても反省している。藤井四段に限らず、毎日プロの棋譜並べをやってUPしていきたいと思う。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA